スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビロードのうさぎ



 この ビロードでできた おもちゃのうさぎは たいへん 立派でした。

 ふっくらしたからだに ピンクサテンの耳。 ヒイラギのえだといっしょに クリスマスのくつ下に 

 入ってるところは それは 素敵に見えました。

DSC06529_convert_20100414120111.jpg

 それから毎晩 うさぎは ぼうやと寝るようになりました。 初めのうちは 慣れなくて 苦しくて

 けれど すぐにうさぎは ぼうやと寝るのが 好きになりました。

 ぼうやは いつも優しくて、ふとんで“うさぎの穴”というのを 作ってくれます。

DSC06530_convert_20100414120142.jpg

 春になると 二人は 庭に出て 遊びました。 ぼうやと うさぎは いつもいっしょでした。

 うさぎは だんだんと汚れて 汚くなってきました。 

DSC06551_convert_20100414184942.jpg

 大人たちは 「この ボロうさぎ どこが いいんだろ・・・」 すると ぼうやが

「やめて!この子はおもちゃじゃないの ほんとうの うさぎなの」 うさぎは うれしくて 眠れませんでした。

 「ぼく、 ぼく・・・・ ほんとうの うさぎに なったんだ!」

DSC06531_convert_20100414120213.jpg

あるひ、いつものように 座ってると、不思議なものが 2ひき ビロードうさぎの前に あらわれました。

 それは 自分によく似ていましたが、縫い目も見えないし、からだが 伸びたり 縮んだりして動きます。

DSC06532_convert_20100414120314.jpg

 「なんで じっとしてるんだい?いっしょに遊ぼうじゃないか」1ぴきが 言いました。

 「ほら、きみも 踊れよ」 「飛んでみろよ」 ビロードうさぎは 泣きそうになりました。

  どうしたら あんなふうに 踊れるのだろう・・・・・。

DSC06533_convert_20100414120405.jpg

  突然 野うさぎたちは 踊るのをやめて、ぐいと 顔を近づけました。

  「こいつ においが へんだ。 うさぎじゃない ほんとうの うさぎじゃないんだ」

  「ぼく ほんとうの うさぎだよ、ぼうやが そう 言ったもの」 その時 ぼうやの足音がしたので

  2ひきのうさぎは あっという間に いなくなりました。

DSC06534_convert_20100414211503.jpg

  「行かないで。ぼく ほんとうの うさぎだよ、ねえったら・・・・・」

DSC06535_convert_20100414120748.jpg

そんなある日 ぼうやが 病気になりました。 ビロードうさぎは 布団の中に 隠れるように ぼうやに くっついて いました。

DSC06536_convert_20100414120815.jpg

  うんざりするほど 長いときが過ぎて、やっと ぼうやの 熱は さがりました。

DSC06537_convert_20100414120841.jpg

 あかるく晴れた朝 部屋の窓は おおきく 開けられ、ぼうやは バルコニーへ 連れ出されました。

  明日から 静養のため、海辺の家で 暮らすのです。 うさぎは ワクワクしました。

  ぼうやと 海辺の家で 暮らせる。  その時 大人たちの声が・・・・

DSC06538_convert_20100414212741.jpg

  「部屋は全部 消毒しなさい。ぼうやが 触った 本やおもちゃは みんな 焼いてしまいなさい」

  「この うさぎなんて どうしましょう」 

  「こりゃあ バイキンのかたまりだよ。すぐにでも 焼いてしまいなさい。」

DSC06539_convert_20100414121008.jpg

  こんなふうに 終わりがくるなんて うさぎは おもってもいませんでした。

  明日になれば 自分は 燃やされてしまうのです。

  「あんなに 楽しかったのに・・・・・」 うさぎは 胸が つぶれそうに なりました。

あんなに かわいがられて、ほんとうの うさぎになったのに、こんなふうに 終わりがくるなんて・・・・。


  涙が ほんとうの涙が、うさぎのほほをつたい 地面に 落ちました。

DSC06550_convert_20100414214109.jpg

DSC06543_convert_20100414121049.jpg

  すると 不思議なことが起こりました。 涙の落ちたところから 芽が出て、するすると伸びていき、

  やがて花が開くと、中から 美しい妖精が 現れたのです。

DSC06548_convert_20100414121326.jpg

  「私は 子供べやの 妖精です。 愛された おもちゃが、子どもと お別れ することに なった時

   私が 迎えに来て ほんとうのものに してあげるのです。」

DSC06544_convert_20100414121118.jpg

  「ぼく 今までも ほんとうの うさぎだったよ」

  「ええ、ぼうやにとっては そうでしたよ。ほんとうに あなたを 愛してましたから。

  でも これからは だれもが あなたを ほんとうの うさぎに見えるように してあげる・・・・」

  そう言うと 妖精は、優しく うさぎの鼻に キスをしました。

  「さぁ 今こそ あなたは ほんとうのものに なるのです」

DSC06545_convert_20100414121148.jpg

  秋がさり、冬がさり、春が来て・・・・季節は 巡って いきました。

DSC06547_convert_20100414121232.jpg

           あるとき ぼうやは 森で 

          こちらの方を じっと 見ている

       ふしぎな野うさぎと であったことが あります。

                             マージュリィ・W・ビアンコ/原作

    いかがでしたか?^^


  

   








 
スポンサーサイト
プロフィール

あみチン

Author:あみチン
    輝 (ひかる)
ネザーランドドワーフ
平成19年3月27日生まれ
少し人見知りな男の子

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。